沿革

沿革

1973年5月 小松部品株式会社(コマツゼノア厚木工場)(現コマツ郡山工場)の協力工場として設立。 主として建設機械油庄シリンダ・部品の製造をおこなう。 (前社長 山口 晃)
1976年4月 NC旋盤1号機導入
1977年10月 工場増設 マシニングセンタ・1号機導入
1978年3月 自動車部品 車速センサ・ピニオン製造開始
1979年5月 資本金400万に増資
1992年6月 資本金1000万に増資
2000年3月 コンピューターによる生産管理システム導入
2001年9月 自動車ミッション部品 シンクロリング製造開始
2001年12月 工場増設 事務所増設
2003年4月 山口 伸治 社長に就任
2003年6月 トラック部品製造開始
2005年4月 ISO9001:2000 認証取得
2005年12月 CADCAM導入
2006年2月 経営革新計画県知事承認
2007年12月 新工場完成
2009年7月 エコステージ1認証取得
2013年4月 自社製品「ずれないくん」販売開始
2009年11月 ISO9001:2008 更新
2014年3月 多品種小ロット対応設備 5軸複合加工機導入
2016年10月 横形マシニングセンタ導入
2018年1月 神奈川県優良工場表彰受章

神奈川県優良工場表彰受賞