お知らせ

大島機工壁新聞2013年1月号

2013-01-31 (Thu) 10:20
 2013年最初の「大島機工壁新聞」が発行されました。

 毎回、当社の掲示板に張り出しているものをホームページでも公開します。

トヨタの2012年の生産台数の比率は国内(35.6%):海外(64.4%)です。この先、ますます海外向けの生産が増える事は間違いありません。それと同時に、海外メーカーとの競争も発生し、海外とも戦っていかなければなりません。我々は知恵を出し合い、この環境を切り抜けなくてはなりません。品質は日本が圧倒的に強かった時代は終わり今や横並びとなり、価格でも発展途上国と呼ばれていた国々が台頭している現実があります。今得意先が求めている協力会社の発注先は、品質が良いのは当たり前、更なる低価格で短納期での対応です。これに付いて来れないところには仕事を出せないという事です。多品種小ロット生産に対応する事が生命線です。全員が意識を強くもって変わらなければなりません。2013年新年にあたって 会長 山口晃
大島機工壁新聞2013年1月号
 
2013 今年も「変化」

 トヨタの2012年の生産台数の比率は国内(35.6%):海外(64.4%)です。

 この先、ますます海外向けの生産が増える事は間違いありません。 それと同時に、海外メーカーとの競争も発生し、海外とも戦っていかなければなりません。 我々は知恵を出し合い、この環境を切り抜けなくてはなりません。

 品質は日本が圧倒的に強かった時代は終わり今や横並びとなり、価格でも発展途上国と呼ばれていた国々が台頭している現実があります。

 今得意先が求めている協力会社の発注先は、品質が良いのは当たり前、更なる低価格で短納期での対応です。 これに付いて来れないところには仕事を出せないという事です。多品種小ロット生産に対応する事が生命線です。

 全員が意識を強くもって変わらなければなりません。

2013年新年にあたって 会長 山口晃

PAGETOP